事故

珍しくない話

離婚調停という言葉は、以前よりずっと聞かれるものになってきました。再出発のための離婚を行うことを選択する、そういう人の数が増えているからです。相談とサポートを務める弁護士も、増えています。

Read More

問題解決のために

離婚調停とは、何よりも問題を解決するために存在している制度です。離婚問題がこじれたとき、それを解決するための手段として、家庭裁判所で夫婦と調停員、弁護士などが顔を合わせて行うものなのです。

Read More

有利に進める

離婚調停は争いではありませんが、それでも有利に進めることは誰しもが望むことでしょう。そのための方法があります。それをマスターしておくことで、こじれた問題も有利な形で解決できるのです。

Read More

交通事故の対処

離婚の慰謝料問題などはこちらにお任せしましょう。プロの弁護士が解決してくれます。まずは一度相談を。

事故の処理はプロに頼ろう!横浜で交通事故を起こした際に頼れるのがこちら。後遺障害認定などを取る手続きを行なってくれます。

東京や横浜などの大都市では交通量が多いため、交通事故を起こす確率が非常に高いです。交通事故の際の相手との示談は、任意保険に加入していれば保険会社が代行してくれます。但し、保険会社が示談代行できる交通事故は、契約者に過失がある交通事故の時だけです。契約者に一切過失のない交通事故、例えば、停車中に追突された、いわゆる、もらい事故の場合は示談代行できないのです。 しかし、弁護士ならば示談代行ができます。弁護士に頼らなくても過失がないのだから、自分で示談は行えると考えるのは大きな誤りです。素人が行う示談は、多くの場合、上手くは成立しないのです。 相手が任意保険に加入しているのならば、交渉相手は保険会社となります。そうなれば、おそらく相手主導で交渉は進むことになります。その結果、思ったとおりの賠償が得られないということが頻繁にあるのです。 相手が保険会社に加入しなければ、当事者同士で示談を行うことになります。相手が常識ある人ならば良いのですが、そうではない場合、まったく賠償が得られないということもあります。 ですから、もらい事故の場合は素直に弁護士に示談代行を依頼した方が良いのです。

ただ、そうなると新たな問題が発生します。加入している保険会社が示談を代行しても、示談代行料の支払いは不要です。もっとも、支払っている保険料の中に、示談代行料が含まれていると考えるべきでしょう。 しかし、弁護士に示談の代行を依頼すれば、当然、示談代行料が発生してしまいます。その示談代行料の支払いのせいで得られる賠償が少なくなってしまうのならば、弁護士に示談代行を依頼する意味は大きく損なわれることになるでしょう。 そんな時、役立つのが任意保険の特約、弁護士費用特約です。この特約は、弁護士にかかる費用を保険会社が負担してくれるという特約です。ですから、特約は色々とありますが、弁護士特約は付けておいた方が良いでしょう。

税に関する事は、素人が解決できる程簡単ではありません。相続税は京都の支援センターにて無料相談を受ける事ができます。