珍しくない話

近づく関係

離婚は望ましくないという考えのもと、日本では長らく離婚は恥と見られる風潮がありましたが、価値観のズレや子育て問題など、さまざまな理由で離婚が当たり前となってきました。それは如実に数字にも表れていて、ここ数年は減っているものの、全体的に見れば堅調な右肩上がりが続いており、今後は女性の社会進出などもあいまって、増えることはあっても大きく減ることは考えにくいと予想されています。 注目すべきは離婚時の方法ですが、やはり圧倒的に多いのは協議離婚です。しかし裁判離婚(調停を含む)も年々増えており、それだけ有責や金銭の面で悶着があるのだと考えられます。 実際は裁判にまでいたるケースはレアで、ほとんどは離婚調停で成立しています。

離婚は夫婦の問題なので、極力当人同士での円滑な話し合いが望まれますが、どうしても感情的になったり、互いの顔も見たくなかったり、子供を巻き込む恐れがあることから、むしろ離婚調停を進んでおこなう夫婦が増えているようです。 ただ、裁判同様、離婚調停においてもやはり証拠や有責の有無が物を言うこともあり、それらの収集や調停委員への主張など、不得手な人にとっては大きな心身的および心的負担になります。そんな人をサポートしてくれるのが法律のプロである弁護士であり、弁護士は離婚調停に同席してくれるだけでなく、事前に書かされる回答書の書き方も指導してくれるのです。そしてなにより、孤独な戦いになりがちな離婚問題で、完全な味方になってくれるという心強い存在でもあるのです。