問題解決のために

秘密の関係

もし幸せな結婚生活に終止符を打たなければならない状況になってしまったら、あなたはどうされるでしょうか。まずは当事者間での話し合いが必要になってきます。しかし、話し合いがこじれてしまい、当事者間での解決が難しくなった場合は離婚調停という手段に頼ることになるかもしれません。 離婚調停は、家庭裁判所の調停委員の仲裁などを介して、夫婦間の話し合いを進めていく方法のことです。離婚の合意や慰謝料、親権問題などの話し合いがまとまらない場合などに行われるようです。 離婚調停においては、第三者である調停委員の人に自分の主張を伝えることが非常に重要です。しかし、話し合いを有利に進めようと虚偽を伝えることは印象を悪くすることになりますから、注意しなければなりません。

離婚調停で話し合う場合、証拠の提出も重要なポイントになるようです。離婚を決意するに至った事由などを証明できるもののことです。例えば浮気や不倫を立証する証拠写真や、金銭のトラブルを明示する通帳などです。これらをきちんと提出することができれば、自分の主張の根拠を示すことができます。それにより話し合いの中でも有利な進め方が可能になるかもしれません。 その他にも、子供の親権をどちらが持つのかといった問題や、慰謝料の決定のために離婚調停が長期に及ぶ場合もあります。ですから強い精神力を保つことも求められるかもしれません。 できればこのような離婚調停を行う前に、二人で納得のいく話し合いができれば一番です。ですが、もし話し合いによる解決が難しい場合は離婚調停も視野に入れておくようにしましょう。